関電不動産開発の可能性

POSSIBILITY

関電不動産開発の可能性

ABOUT

関電不動産開発は関西電力グループの中核を担う1社として、
これまで培ってきたノウハウやグループならではの提案力を活かし、さらなる成長を目指します。

事業領域・事業エリアの広さ
さらなる成長を目指す

関電不動産開発は、総合不動産デベロッパーとして、マンション・戸建、オフィスビル、商業施設、ホテルや物流施設など、多様なアセットタイプの不動産開発を行っています。さらには不動産の管理・運営、運用、ソリューション事業など、不動産に関わる様々なサービスを当社および当社グループ全体で展開。お客さまの幅広いニーズにお応えしています。
また、活躍の場は、関西圏に留まることなく、さらに拡がりをみせています。その事業エリアは、首都圏の他、仙台・名古屋・福岡などの中核都市、そして北米やASEAN諸国などの海外各国に至るまで広域。エリアにとらわれることなく、それぞれの地域に寄り添った街づくりを通じて、豊かな社会の発展に取り組んでいます。
時代が移り変わるとともに、暮らしかたや働きかた、人々の価値観やライフスタイルも絶えず変容していくもの。私たちは、事業領域や事業エリアの広さを活かしながら、柔軟かつ先進的な取組みにより成長し続けます。

事業領域

  • 分譲住宅
    分譲住宅
  • 賃貸住宅
    賃貸住宅
  • 賃貸ビル
    賃貸ビル
  • 賃貸施設
    賃貸施設
  • 不動産
    ファンド
    不動産<br>ファンド
  • 不動産
    ソリューション
    不動産<br>ソリューション
  • 海外事業
    海外事業
  • 関連事業
    関連事業

事業エリア

地図

関西電力グループの総合力を活かした
不動産サービスの実現

エネルギー分野における日本のリーディングカンパニーの役割を担う関西電力グループだからこそできる「安心・安全・快適」を追求した街づくり。
100社を超える関西電力グループは、エネルギー分野を中心に、通信やセキュリティ、生活アメニティなど、幅広い領域で多彩なサービスを提供しています。関電不動産開発は、関西電力グループが長年培ってきた技術・ノウハウ・情報を活かし、「安心・安全・快適」な環境を提供しています。
住まいにおいては、街ぐるみでエネルギーの「創・省・蓄・活」を行うマネジメントシステムの導入、家事代行や健康管理支援などのサービス提供により、お住まいになる方の暮らしをトータルでサポートしています。また、オフィスでは、高い環境性能やBCP性能の確保はもちろんのこと、高品質な設備管理や環境メンテナンスサービスにより、安心で快適なビジネス空間を創造しています。
関西電力グループならではの新たな価値提供を通じて、お客さまの満足と豊かな社会の発展を目指していきます。

関電不動産開発グループ

関電不動産開発グループ

関西電力グループ

関西電力グループ
triangle

関西電力グループの総合力を活かした不動産サービス例

  • エネルギーマネジメントシステムの実現

    ホームエネルギーマネジメントシステムの活用

    分譲マンションにおけるホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)の採用。
    省エネルギー・低炭素のスマートライフを実現。

  • エネルギー利用の効率化

    センシング技術の活用

    オフィスビルにおけるセンシング技術の活用。
    熱・光・風の環境選択制による知的生産性の向上を実現。

実績が信頼へ
そして新たな挑戦

関電不動産開発は60年を超える歴史の中で、暮らしやビジネスに関わる不動産やサービスの提供を通じて、お客さま満足の向上を追求してきました。その実績から生まれる信頼、暮らしを支え続ける関西電力グループとしての信頼。
皆さまからの信頼は、当社の誇りであるとともに、新たな挑戦へとつながっていきます。
多くの事業パートナーとともに取り組む新しい街づくりや、行政と連携した大規模再開発などへの参画。関西電力グループだからこそできる未来を見据えた街づくり。
これからも信頼を礎として新たな歴史を刻んでいきます。

  • NAKANOSHIMA
    挑戦1
    中之島の未来医療国際拠点

    医療機関と企業、支援機関等が一つの施設に集積する全国初の拠点。
    未来医療の臨床研究から実用化・産業化までを一貫して進める世界に開かれた国際的な拠点を目指します。

  • SHIBA PARK
    挑戦2
    芝パークビル

    2018年3月に当社を含む7社で取得をした東京都港区の中心に位置する大型オフィスビル。
    一定期間の運用を行い、将来は大型複合開発を見据えています。

  • YODOYABASHI
    挑戦3
    淀屋橋駅西地区再開発

    2025年の竣工に向け、大阪の国際競争力を高めるハイグレードなオフィスを整備するとともに、御堂筋の上質なにぎわいを創出する商業機能の導入、水辺の新たなにぎわいを創出する環境整備を行い、環境負荷低減や防災性の向上に資する建物を開発します。

  • AKASHI
    挑戦4
    明石スマートタウン

    「スマートコミュニティ」構想にもとづいた創エネ・畜エネ・省エネ技術の導入など、サスティナブル、スマート、ユニバーサルを標準とした国内トップレベルのバリアフリー性、防災・減災力を備えた住環境を提供します。

arrow